マツエクサロンの運転資金について

マツエクサロンの運転資金について



どのような事業にも同じことが当てはまりますが、通常は開業してからいきなり黒字になることは珍しいです。もちろんそういった例が少ないわけではないのですが、ほとんどの事業では、最初の数か月は赤字になることが多いのです。赤字になった月の収入はありませんし、逆に手元からお金が出ていくことになります。

普通は、そのようなことも想定して開業することになります。例えば手元に500万円があった場合、開業資金として300万円くらいを使い、残りの200万円くらいは手元に残しておきます。赤字になったらその200万円から支払いをすることになるのですが、開業に500万円丸々使ってしまっていては、翌月赤字になった場合に支払えないため困ってしまいます。

それでは、マツエクサロンの1ヶ月の運転資金はいくらくらいになるのでしょうか?こちらも開業資金と同じく、店舗の規模やスタイルに左右されます。基本的な支出は家賃や光熱費、人件費など、それからマツエクの材料費などになります。それプラス、広告費をはじめとする雑費がかかってきます。

また、赤字になったら収入もありませんので、生活費も別で考えておかなければなりません。まずは、トータルで月々いくらくらいの支出があるのかを割り出しましょう。できれば、数か月は収入がなくても大丈夫だというくらいのお金があると安心です。

メニュー